転職活動時の面接で合格フラグの見極めはありますか?

  • by

・転職活動でどうしても面接がうまくいかない。
・面接の合否、合格フラグなんて存在する?あれば教えてほしい!

転職の選考に進むと決まって気になるのが「合否」
その都度、合否がすぐに分かれば、別の選考にリソースを注力できて効率的。

そんな都合のいい話なんてあるのでしょうか?
結論からいえば、合格フラグはありますが一つだけです。

その面接の合否の合格フラグは「役員or社長から好印象を得た時」
参考:【採用サイン】転職面接の合格フラグ見極めは1つだけ【根拠と対策3選】

つまり、面接で採用する決裁者は誰か?が重要。
担当者や面接官に決定権がなければいくらアピールしても非効率。

決裁権を持っているであろう役員ないし社長にアピールし反応を見るのが賢明です。

また1次面接から役員クラスを担当する企業もあり、その場合は中小・零細企業。
早々に人材確保をしたい思いから役員が出るケースもあって、力を入れるポイントも早いです。

今まさに転職活動で面接がうまくいかない方。
合格フラグ、採用サインが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください!