禁煙の禁断症状における対策

喫煙されている方は、血中の「ニコチン」濃度によって、気分が左右されるという傾向にあるようです。従って、普段喫煙される方は、血中の「ニコチン」濃度が下がれば、「イライラ」や「集中力の低下」といった症状が出てきてしまうようです。逆に「ニコチン」濃度が一定量以上であれば、心地良いようですが、あくまでも「ニコチン」は、毒であるということを理解することが必要です。
最近では、「禁煙」ブームが盛んになってきているため、ぜひこの機会に禁煙されることをお勧めします。
しかし、ご存じの方も多いかと思いますが、「禁煙」を行う場合、個人差はありますが「禁断症状」に悩まされて、挫折してしまう方も多いようです。
上手に「禁煙」を成功させるためにも、「禁断症状」における対策を練って、実行されることをお勧めします。
「禁煙」をスタートすると、約3日で「ニコチン」は完全に身体から出ていくといわれています。しかし、この約3日間を「禁断症状」のピークとして、約10日間が最も辛い時期だといわれています。
「禁断症状」のピーク時には、「とにかく吸いたい」という欲求との戦いになります。その対処法としては、「タバコを忘れて、気分を紛らわせる」ことしかないようです。対処法として最も効果的といわれているのが、「ストレッチ」です。同じ姿勢を続けていると「禁断症状」が現れやすいので、「ストレッチ」を含め、「立ちあがって歩く」など、姿勢を変えるようにしてみましょう。
「イライラする」といった症状の場合は、禁煙パイポなどの禁煙グッズを活用するのもひとつの手段かと思われます。
「禁断症状」は、個人差があります。従って一概に「こういった症状が起きる」と断定はできませんが、あらゆる場面を想定して対策を考えておくことが必要です。