小規模な調剤薬局での仕事を楽しんでいました

  • by

こんにちは、イーグルの薬局オペレーション担当副社長のGary Sandelです。私がここにいるのは、大規模な調剤薬局への移行に関する私の経験を皆さんと共有したいからです。
大規模な調剤薬局への転職は、仕事の流れの面でも、個人的にも新しいシステムに慣れるまでにいくつかの課題がありました。テンポの速い環境で、患者さんに最高の品質のケアを提供するために、すべての薬を正確に充填する方法を素早く学ばなければなりませんでした。

大規模な調剤薬局に転職した私の経験は、少々混乱したものでした。それまで薬局で働いたことがなかったのは私だけで、他の人たちは自分が何をしているのかよく知っていました。私の主な仕事は、唯一自信があった電話応対と、それ以外のことを確実にこなすことでした。

新しい職場での初日はチャレンジングなものでした。それまで個人経営の小さな薬局で働いたことはありましたが、大きな調剤薬局には行ったこともありませんでした。少なくとも、何もかもが違っていました。最も顕著な違いの一つは、患者さんが処方者のロビーをいかに早く通り過ぎるかということでした。小さな薬局では、患者さんが処方箋を支払う時間がありましたが、ここでは、患者さんはフロントデスクで挨拶をして、待っていて、15分もかからずにドアを出て行きました。まさに効率の良さを実感しました。

大手調剤薬局で働き始めた頃、私は自分を見失っていました。何もかもが初めてで、周りの人たちは私よりも経験豊富なのです。さらに不満だったのは、仕事は充実していて、仕事自体は好きだったのですが、周りの人との関係に悩んでいたことです。一人ひとりに責任があり、”pet peeves”(従業員が自分の不満を表現するときに使う言葉)があるように思えたのです。私のような小売業ではよくあることですが、ミスをすると批判されたり、軽蔑されたりして、そのたびに私は防御的な姿勢を取らざるを得ませんでした。

店舗から店舗への移動は常にチャレンジですが、今回は小規模な店舗から大規模な店舗へのコンセプト変更でした。

私は、小規模な調剤薬局での仕事を楽しんでいました。その薬局は家族経営で、オーナーはすべてのお客様を名前で知っていました。オーナーは、病気や高齢のために外出できないお客様によく配達をしていました。このようなお客様は、家族の一員として扱われていました。

大手の調剤薬局に転職した体験談