不思議な少年に遭ったのだ

腰には地味ではあるが立派なナイフというより担当のようなものをぶら下げています私は彼を見ても全然驚きませんでした。
近くで映画の撮影でも行ってるのかと思ったのです今から考えるとあんな田舎の山奥で映画の撮影なんてやっているはずがありませんそれでも当時の私はそう考えました何故そう考えたかと言いますとまず彼も衣装が確実に現代のものではないこと。
また背中にまでかかるくらいの黒い長髪をしていました空にこれは私の主観が入ってしまうのですがその少年がかなりの美形で俳優と思ったからです理系とはいってもジャニーズ系のような顔とは違うタイプです意思の強そうな顔をといえばいいのでしょうか
本当に不思議な出来事ってあるんですね。